第20回 西日本国際福祉機器展

西日本国際福祉機器展は、高齢者・障害者福祉に係わる介護施設関係の方、福祉用具販売店、一般・個人向けの福祉用具ユーザー様を対象に開催され、昨年は3日間で延べ22,111人の方にご来場いただきました。

■展示内容
車いす、移動用機器、杖、靴、歩行車、日常生活用品、ベッド、入浴・トイレ・おむつ、コミュニケーション機器、福祉車両、建築・住宅・施設用機器、情報・出版・サービス、システム情報サービス、介護用食品、介護関連用品、公的団体

出展募集は締め切りました。

お知らせ

2018.03.09

第20回 西日本国際福祉機器展の開催概要、出展案内を掲載しました。

開催趣旨

 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 平素より、西日本国際福祉機器展の運営におきましては、格別のご支援、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。
 西日本国際福祉機器展は、介護保険制度の施行される前年、1999年に初回開催し、今年20回目を迎えます。当展示会は急速に高齢化が進む地域の現状に即し、また、障害を理由とする差別の解消を推進する社会への実現が求められる中で「人にやさしい製品や社会の実現をめざして」をキャッチコピーに、国、県、自治体等の施策方針とリンクしながら、産業界はもとより、福祉関連団体やユーザー組織の参加を得て、地域に根差した「福祉の総合展示事業」として開催しています。
当会場では、社会福祉施設関係者や在宅介護を行う一般家庭に向けて福祉介護に関する最新情報を発信し、地域の社会福祉事業の発展に貢献するとともに、その意識啓発に努めて参ります。
 つきましては、今回開催に向けての「出展のごあんない」を作成しましたので、上記展示会を御社のセールスプロモーションの場としてご活用いただきたく、ご出展につきご検討の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

2018年3月

西日本国際福祉機器展実行委員会 会長(北九州市長)北橋 健治
(公財)北九州観光コンベンション協会 理事長 利島 康司